豊和銀行カードローンってどうなの?

豊和銀行カードローンキャプチャ

九州大分県にある第二地銀が豊和銀行です。2006年に業績悪化が明らかになって以来経営刷新が進められていますが、2014年に金融庁による資本参入が行われました。

豊和銀行には「新カードローン」、「カードローンS」、「カードローンプラス」という3つのカードローンがあります。

●新カードローン

利用条件は年収150万円以上で、勤続年数が1年以上(個人事業主は営業年数3年以上)です。申込には年収証明書が必要になります。

利用限度額は20万円・30万円・50万円・100万円・200万円の5コースがあり、金利が一律12%になっているため、100万円コース以下の場合は都市銀行カードローンよりお得になります。

約定返済は毎月12日の豊和銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高に関わらず、利用限度額50万円コースまでは1万円、100万円コースは2万円、200万円コースは3万円になっています。任意返済としてATMからの入金が可能です。

●カードローンS

豊和銀行の営業エリア内に在住か、勤務していること、年収150万円以上が条件です。専業主婦も利用できますが、個人事業主は対象外です。申込はホームページから行うことができ、専用のフォームに本人情報や勤務先情報、借入情報などを入力して送信すると審査が行われ、審査結果と契約手続きの案内が電話で連絡されます。連絡後、店頭窓口で契約を結びます。

利用限度額は20万円と30万円の2コースありますが、新入社員、パート・アルバイト、専業主婦は20万円に限定されます。金利はともに14.6%であるため、給与所得者は新カードローンに申込んだ方が得策です。

約定返済は口座からの引き落としで、約定返済額は両コースとも5千円か1万円のどちらかを選択できます。任意返済として、ATMからの入金ができます。

●カードローンプラス

利用限度額は50万円からで、90万円までは10万円単位になっていますが、100万円から最大の300万円までは50万円単位になっています。

また、年収制限があり、100万円・150万円コースは年収350万円以上、200万円コースは400万円以上、250万円コースは500万円以上、300万円コースは600万円以上が条件です。なお、勤続年数3年以上であることも必要です。

金利は6.5%・11.0%・13.5%の3種類になっており、審査によって決められます。

約定返済は毎月12日の豊和銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高が20万円以下で5千円、20万円超50万円以下で1万円、50万円超150万円以下で2万円、150万円超200万円以下で3万円などとなっています。他カードローン同様、ATMから任意返済が可能です。

まとめとして、豊和銀行カードローンは、他の地銀とほとんど変わらないスペックとなっています。融資時間もそこまで早くないので、キャッシング即日可能で借りたい人は、消費者金融の方が無難でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です